Research and Development of CCS

地球温暖化問題への取り組み

プログレス・テクノロジーズは、CCS(Carbon dioxide Capture and Storage) に関する研究開発に取り組んでいます。

CCSとは

地球温暖化のリスクが一般に認知されはじめたのは、1980年代後半でした。それから約20年という歳月を経て今ようやく、地球温暖化対策の必要性が世界的に認識されはじめています。

地球温暖化対策には、ハイブリッドカーや省エネ家電といった製品レベルから太陽光発電やスマートグリッドといったインフラレベルまで、様々な対処策が講じられています。しかしながら、増加し続ける温室効果ガスの排出量に対し、対処策はまだまだ不足しているのが実情です。その中においてCCSは、実効的な対処策として注目されています。

CCSとは Carbon dioxide Capture and Storageの略で、火力発電所等から従来、大気中に放出されているCO2を分離・回収し、地中に埋めてしまおう(貯留)というものです。日本語では二酸化炭素地中貯留という表現になります。

我々は現在、地中に貯留されている石油を採掘し、エネルギーとして活用していますが、CCSはそこで発生する温室効果ガスをもとの場所、つまり地中に戻すという発想で研究が進められています。石油は「キャップロック」と呼ばれる地層によってフタをされている状態で地中に貯留されていますが、その原理を利用しようというものです。
バクテリアを使って地中に貯留したCO2をエネルギーに再生させる、という構想も語られています。

CCSは世界的にみて、まだ国家単位での実証実験段階にありますが、欧米諸国を中心に実用化が進んでおり、2015年を目途に本格的な商業化に移っていくと想定されています。

地球温暖化問題への取り組み

プログレス・テクノロジーズがCCSに取り組む意義

我々は地球の恩恵を授かり、日々生活しています。また科学・技術による産業の発達が我々の生活を豊かにしています。その一方で、産業の発展が地球温暖化の要因となっているのも事実です。

プログレス・テクノロジーズの根底には、「ワクワクするテクノロジーを探せ!」というキーワードがあります。科学・技術の力によって、温暖化という地球レベルの課題を解決することに一役担うことは、まさに会社として、技術者として存分に存在意義を発揮できることだと考えます。

研究内容の紹介

CCSでは、CO2の分離・回収技術、地中に圧入するための技術、また貯留されたCO2の挙動モニタリング技術 など、幅広い分野での研究が進んでいます。
その中において、プログレス・テクノロジーズは、地中に圧入したCO2がどのような挙動をするかをシミュレーションし、漏洩防止の観点から貯留層の安全性を評価するという研究を推進しています。本研究は東京大学と協同で推進しており、産学連携で価値ある成果を生み出すことを目指しています。

EGU2011 (European Geosciences Union General Assembly 2011) での研究発表

URL http://meetings.copernicus.org/egu2011/home.html
セッション
  • Energy, Resources and the Environment
  • Carbon Capture and Storage (CCS)
  • Modelling of CO2 storage sites
テーマ Accelerating of the reservoir simulation by the GPU

※本研究はJOGMECの石油・天然ガス開発・利用促進型大型研究事業にて実施しています。