ALL-OUT EFFORT

徹底主義

プログレス・テクノロジーズが企業理念のひとつに掲げている「徹底主義」。オンとオフを上手に切り替えて、充実したエンジニアライフを送ってほしい。そんな思いが込められています。

大手メーカーでのLSI設計業務を経て、2007年入社。複数の設計開発プロジェクトを経験したのち、CCSに関する研究開発のプロジェクトマネジメントを担当し成果を上げる。
現在はプログレス・テクノロジーズの技術部門を統括し、会社の構造改革、新規事業創出に取り組む。

ishizawa
YUSUKE ISHIZAWA
石澤 祐介

PES Department Manager
ishizawa

エンジニアとして働くうちに、自分のスキルを高めるだけでなく、チームで個々の力以上の成果を上げる必要性を強く感じ、プロジェクトマネジメントに興味を持ちました。そこでキャリアプランに沿って、会社としての挑戦であるCCSに関する研究開発のプロジェクトマネージャを任せてもらいました。チームで最大限のアウトプットを出すために日々奔走し、熱意とスキルに溢れるメンバーとともに大きな成果を上げられたことは、非常に有意義な経験です。
学生時代から続けている器械体操では、社会人の全国大会にも出場しています。体操を通して覚えたことは、地味なことでもコツコツと積み重ねることの重要性、基礎の大切さ、無理や無謀なことをしない、他の人をよく見る、新しい技術への対応。これらは全て、仕事をする上で自分がいつも気をつけていることばかりです。この他にもスノーボードにバンド活動、仕事も趣味もとにかく楽しみたくて、寝るのがもったいないと思うこともあります。まさに「徹底的に働き、徹底的に遊ぶ」です。

ishizawa

エンジニアとしてこれまで携わった製品の中には、ゲーム機や携帯、デジカメなど認知度が高いものも多く、やりがいがあります。しかし、実際には中身の一部を設計したにすぎないので「この製品は自分が作った」という達成感は感じたことがありません。いつかは「自分が作った」と言える仕事をしたいと思っています。これからも楽しく生きていくため、プログレス・テクノロジーズで自分の中にあるワクワクを形にしていきたいです。

2006年新卒入社。大学在学中は建築専攻。
建築にとどまらず「設計して、作って、最後にモノが出来上がる」というモノづくりの過程が好きだったため、機械設計の仕事に興味を持ち入社。社内研修後、ネットワーク・通信機器メーカーへ配属。Pro/ENGINEERモデリング業務、製品評価業務を経て、製品の仕様設計から出荷までの全プロセスに携わる。現在は総合電機メーカーにて携帯電話のモジュール設計を担当。

DAISUKE IGARASHI
五十嵐 大輔

ENGINEER (MECHANICAL DESIGN)
igarashi

配属当初は新卒入社で機械設計の基礎もないため、直接の設計業務に携われるようになったのは1年ほど経ってからでした。モチベーションを保つのがつらい時期もありましたが、いつは設計に携われる日が来ると信じ、他の人の設計を見るなどして勉強しました。努力の甲斐あって製品のメインの設計を任せてもらえるようになり、現在に至ります。自分で考えて設計するのは本当に面白いですし、出来上がった製品には何とも言えない愛着がわきます。

igarashi

中学、高校と野球部に所属し、現在も昔の仲間や会社の野球部で活動しています。チームでひとつの目標に向かって取り組むことは本当に楽しいです。勝っても負けても、みんなで「お疲れさま!」と言える感じが好きなんですよね。
設計もチームワークが重視される仕事です。ひとつの製品をチームで設計することはもちろん、ひとりで設計を担当する場合でも、他部署の人たちとやりとりしながらモノを作ります。メインの設計者というのは、野球でのレギュラーと同じだと思います。その座を得るために努力し、見事レギュラーになれた人は試合に出て、なれなかった人は裏方でチームを支え、一緒に勝利を目指すわけです。希望する設計の仕事を任せてもらえなかった時期は厳しかったですが、あきらめずに頑張れたのは野球での経験が生きたのだと思っています。自分がレギュラーでなくても、チームが勝つのは嬉しいですから。
今は日々「どうすべきかを自分で考える」ことを意識して仕事に取り組んでいます。技術的な知識の他にマネジメント能力も身につけ、リーダーとしての仕事をやりたいと思っています。

SHINICHIRO SAKAMATSU
坂松 真一郎

DIRECTOR OF TECHNOLOGY CENTER
sakamatsu

2006年入社。火力発電装置、クライアント企業の設計業務改善プロジェクト、半導体製造装置開発、自動車のパワーステアリング開発を経験。
現在はテクノロジーセンター長として、エンジニアの教育企画立案・運営と会社の構造改革に携わる。

sakamatsu
sakamatsu

入社以来携わってきたプロジェクトで、それぞれ全く異なる製品を扱い、多くのことを学びました。火力発電装置開発では3DCADを導入した先進的な設計環境のもとで次世代の設計手法を、半導体製造装置の開発では複雑なチーム設計を管理・推進する手法を、パワーステアリング開発では自動車業界のスタンダードを。これは自分で希望したことで、常に自分に欠けている部分を成長させたい、新しいステージに立ちたいという信念で仕事を続けています。
こうした姿勢は「海」と生きることから教わりました。私は茅ヶ崎育ちということもあって幼い頃から海に親しみ、10代の終わり頃にはスポーツとしてのボディボードに目覚め、やがてアマチュア湘南代表選手として全日本に出場するまでに上達しました。社会人になってからも活動を続け、より上のステージで活動したいという思いから27歳でプロテストに合格、プロとしての活動を開始しました。肩書きが変わったことでよりストイックに波乗りを追求しています。どうせやるなら徹底的に!その気持ちはこれからも変わることはないでしょう。

sakamatsu

ボディボードを通じて世界中を旅しました。ハワイのノースショア、インドネシアのバリ島、ミクロネシア諸島のヤップ島には、ビル何階分にも匹敵するビッグウェイブが打ち寄せるサーフポイントがあります。そのビッグウェイブにチャージするためには「確かな実力と経験」が必要です。ひとつ間違えれば命が奪われる危険性さえあります。大自然の中で信じられるものは自分の体と知識。常に自分自身を客観的に理解し、正しい状況判断が必要です。大自然に身を投じることで見えてくる物事の本質。何にでもポジティブに取り組める性格は、多くのサーフトリップによって形成された様な気がしています。
また、数年前から欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞に出演しています。この番組への出演は小さな頃からの夢であり、自分にとって大きなテーマでした。仕事でも趣味でも、とにかく「みんなの笑顔」を作りたい。モノづくりとは「みんなの笑顔」を作ることだと思います。自分の携わった製品に触れたユーザーが、笑顔になってくれることが最高の喜びです。そのために仕事で学ぶべきことはどんどん吸収し、私なりのカタチを残していきたいと思います。