STAFF INTERVIEW

社員インタビュー

チームメンバーや会社に良い刺激を与えられるエンジニアになりたい

自分の成長と共に、会社の成長があると感じて入社しました。夢や希望、そしてその達成感が1倍ではないこと。未知数でありワクワクしたこと。何よりの決め手は、入社前に対談した人たちの他の会社には無い熱さでした。現在は自分自身も会社も可能性を求めてチャレンジしている最中です。

TAIYO MOROMACHI
諸町 太陽

ENGINEER (MECHANICAL DESIGN)
植物生態学専攻 2007年入社

現在の仕事内容、仕事での苦労ややりがいは?

自動車の車体を溶接するロボット用のサーボや、大型のプレス機械などに用いられるサーボアンプの設計開発をしています。材料や加工法の他、電気的な知識も必要です。スペース、コスト、作業性、振動、熱、その他規格対応などの制約の中で、納期までにいかに上手くそれらをクリアできるか挑戦の日々です。思い通りに結果が出た時や、自分の考案した改善箇所に現場の人から喜びの声を頂いた時は、本当にやりがいを感じます。

Taiyo Moromachi

「仕事の必須アイテム」を紹介してください

デスクの中には工具が入っています。電卓も良く使います。
製品を開発する上で、現行品や参考機種をバラすのに使います。図面やCAD画面で構造はおおよそ把握できるのですが、実機をバラして、組み立ててみることで、ユーザーや組立作業者の立場になって考え、改善すべき点はどこかを検証すると共に「なぜこの形状になったのか?」という謎解きをします。全ての形状には意味があるからです。

入社してみて思うプログレス・テクノロジーズの魅力は?

マインドの高い人が多いので、刺激的で楽しいです。
徹底的に働き、徹底的に遊ぶ!!仕事やサークル活動、プライベートと何でも一生懸命になれるところが魅力です。

キャリアプラン