STAFF INTERVIEW

社員インタビュー

大好きな自動車作りにずっと関わっていきたい

就職フェアでプログレス・テクノロジーズと出会い、その時の担当者の方がとても楽しそうに会社のことについて話をしてくれたのが印象的でした。
また、創業間もない会社で働くということは、なかなか経験することのできない、とてもやりがいのあるチャレンジだと思い、入社を決めました。

MASAHIKO SAKAMOTO
さか本 雅彦

ENGINEER (MECHANICAL DESIGN)
機械工学専攻 2006年入社

現在の仕事内容、仕事での苦労ややりがいは?

自動車の足回りの部品であるハブユニットの設計業務に携わっています。現在の自動車作りには、軽量化と耐久性という相反する性能が要求されています。加えて全体の重量は、様々な機能の追加と共に増加傾向にあるため、車体を支えるハブユニットに求められる性能は本当にハイレベルです。人命にかかわる部品でもあり、決して楽な業務ではありませんが、自分の好きな自動車作りに携われていることが何よりのやりがいです。

Masahiko Sakamoto

「仕事の必須アイテム」を紹介してください

中学生の時から使っているCROSSのペンシル。
通常のペンシルよりやや細く、重い。さらに、芯を出す時はひねらなければならず、けっして使いやすくは無いですが、その独特の特徴が気に入って手放せません。

入社してみて思うプログレス・テクノロジーズの魅力は?

プログレス・テクノロジーズの社員は非常に個性的なメンバーが揃っていて、一緒に働くことで良い刺激をたくさんもらえます。仕事も遊びも徹底的にということを実践している社員が本当に多く、そういう社員はみんな表情が活き活きしています。

キャリアプラン