STAFF INTERVIEW

社員インタビュー

「設計」と「評価」
どちらにも精通したエンジニアを目指す

自分の力を試したい、様々なことに挑戦したいという自分の思いが会社の理念と一致したことが、入社を決めた最大のポイントでした。ものづくりはもちろん、経営や教育など多岐にわたって経験し挑戦でき、その成果が会社の成長として明確に表れるということに心が動き、入社を決意しました。

TAKAYOSHI ASANO
浅野 貴圭

ENGINEER (Electrical & Electronic)
セラミック材料工学専攻 2006年入社

現在の仕事内容、仕事での苦労ややりがいは?

ブルーレイディスクドライブ等の製品に搭載されているLSIがPC等に接続された時に、規格に則した性能を発揮しているかを評価し、製品の量産判定や新製品開発へのフィードバックを行っています。「設計のスペシャリスト」や「評価のスペシャリスト」は数多くいますが、自ら設計した製品を自らの手で評価できる技術者は意外と少ないので、今の業務や役割に非常にやりがいを感じています。

Asano Takayoshi

「仕事の必須アイテム」を紹介してください

「バキュームピンセット」と「手袋」
LSIに直接手で触れることは絶対に許されません。常に細心の注意を払って取り扱っています。

入社してみて思うプログレス・テクノロジーズの魅力は?

社員全員、何事にも全力で、手を抜くということを知りません。一人ひとりが大きな夢を抱いて真っ直ぐに突き進んでいける、そこがプログレステクノロジーズの魅力だと思います。

キャリアプラン