fe-safe

有限要素モデル向けの耐久性解析ソフトウェア

fe-safeの概要

fe-safe は、有限要素モデル向け疲労解析の世界では代表的なソフトウェアであり、ユーザーの最も要求の厳しい用途に応えます。
すべての代表的な有限要素解析製品群とのダイレクト・インターフェイスを備え、世界中の自動車・輸送機械、航空宇宙・防衛、製造、発電、海洋・船舶業界のトップ企業が、疲労寿命を判断し、設計を最適化するために採用しています。 fe-safeは、その精度、スピード、使いやすさで高い評価を受けています。
fe-safe は、1990年代初頭以来、各業界との協力によって継続的に開発され、疲労解析ソフトウェアのスタンダードであり続けてきました。 これは現在の多軸ひずみベースの疲労手法に焦点を当てた最初の市販ソフトウェアであり、非金属材料向けの機能を最初に統合しました。 fe-safeは、金属および複合材料、エラストマー、熱機械およびクリープ疲労を解析し、Verity®の構造応力手法または溶接ジョイントの疲労解析(この手法を統合した唯一の市販ソフトウェア)を採用しています。

設計プロセスにfe-safeを統合することで、お客様は次のことが可能になります。

  • 疲労ホットスポットを正確に見つける
  • 使用する材料が少なくなるように設計を最適化する
  • 製品リコールと補償費用を減らす
  • 設計およびテスト・プログラムを検証する
  • 単一ユーザー・インターフェイス内でテストと解析の相関関係を改善する
  • プロトタイプ・テスト時間を短縮し、解析時間をスピードアップして、工数を減らす
  • 製品設計が「適切な速さ」でテスト・スケジュールに沿って進行するよう信頼度を高める

fe-safeの構成

基本モジュール
fe-safe Fatique Engine : 計算ソルバ
オプションモジュール
fe-safe / TURBOlife : クリープ疲労による疲労解析ツール
fe-safe / TMF : 時間依存を考慮した熱・機械疲労解析ツール
fe-safe / Rotate : 軸対称の回転構造体向け疲労ツール
fe-safe / Composites : 複合材向け疲労解析ツール
Verity Module in fe-safe : 溶接構造物の疲労解析ツール
fe-safe / Rubber : ゴム材向け疲労解析ツール

fe-safeの特徴

・“耐久性の設計に関するテクニカルリーダー” 初めて多軸ひずみ法を導入した商用ソフト
・“広範囲の製品設計で適用” 自動車や重機、原子力プラントからライフサイエンスや建築業界まで
・“豊富な材料データベース” 金属やゴム、複合材だけでなく、土や岩、コンクリート、セラミックなど
物理モデルが豊富

お客様によるご活用事例

最新リリースバージョンによる追加機能

私たちは、ダッソー・システムズの公認パートナーです。

SIMULIAサービス

  • ソフトウェア販売
  • コンサルティング
  • 受託解析

ご連絡先

  • 住所:〒135-0064 東京都江東区青海1-1-20 ダイバーシティ東京オフィスタワー15階
  • 電話:050-3816-5787
  • 担当:CAE/解析グループ営業担当

CONTACT US

ご相談やお見積りのご依頼は、こちらからお問い合せください。
TEL: 050-3816-5787(営業部)