ノックよりもやさしいKnocks

会議室の中に人がいるかどうか分からないとき、ノックすることなく確認したい。また、会議室の中にいる人に予約時間を守るよう促したい。ちょっとしたことかもしれないけれど、日々、誰もが経験すること。その悩みを解決したくて、Knocks(ノックス)は開発されました。
会議室の中に置くReceiver(レシーバー)と、会議室の外の壁に設置するKnocker(ノッカー)で構成されています。

人感センサーで在室確認

Receiverに搭載されている人感センサーで室内に人がいるかどうかを感知して、会議室の外にあるKnockerへお知らせ。ノックをしなくても、ドアに耳をつけなくても、中に人がいるかどうかがわかります。

やさしい光のノック

時間になっても空かない会議室。ドアをノックする代わりに、Knockerをトントンと2タップしてください。会議室の外に次の利用者が来て待ってますよ、ということを、会議室の中にいる人へ光で「やさしく」「自然に」知らせます。

直観的に操作できるインターフェース

1タップで在室確認、2タップでノック。knocksの操作はこの2つだけ。
会議室もKnocksも、誰もが使うもの。シンプルで直感的に使えるインターフェースにこだわりました。

すべての会議室にやさしいノックを

「ノック」という行為は、日常的に使われているようでいて、ノックする側にとっては心理的に抵抗があるもの。会議を中断させる強制力があることから、なるべくノックをしたくないという人が多いでしょう。また、される側にとっても、ノックによって急かされるために、あまり気持ちのよいものではありません。
する側にとっても、される側にとっても抵抗のあるノック。それを、Knocksがやさしいお知らせに変えます。