Abaqusアバカス有限要素解析ソフトウェア アカデミック版

Abaqusアカデミック版とは

Abaqusは最も知名度の高い汎用有限要素解析(FEM)ソフトウェアであり、実際の荷重、振動、破壊、熱などの物理的な影響に、解析モデルがどのように反応するかをコンピューターを使用して模擬的に実験を行うができます。
Abaqusアカデミック版は、国公立、私立の理工系大学および高等専門学校などの学位授与機関の授業および研究、学位取得のための論文のためにご利用いただいております。
アカデミック専用のパッケージ製品として、商用版と同等の機能を備え、アカデミック価格で提供しております。

アカデミック版の特徴

お手頃なアカデミック価格
  • 商用版と同等の製品機能をアカデミック価格でご提供しております
契約形態について
  • レンタル契約に限定。買取契約はお取り扱いがございません。
テクニカルサポートの範囲
  • Abaqusリリースのバージョンアップの支援
  • ソフトウェアが正常に起動するまでのインストール支援(認定プラットフォームおよびハードウェアに限定)
  • ソフトウェアの不具合の調査、解決または回避方法に関する助言
使用者と使用場所

大学等のご契約法人の同一住所内で、所属のある学生や教職員に限定

目的別の2種類の専用製品(研究版・授業版)
  • 研究版:SIMULIA Academic Research Suite
    高度な研究のために商用版と同機能で節点数・要素数無制限。
  • 授業版:SIMULIA Academic Teaching Suite
    授業用途で20名同時に利用可能。ただし、モデルサイズに制限があります。

学術研究もしくは授業利用等、使用目的応じて、製品が異なりますので、用途に応じて製品をお選びください。

共通ライセンスで複数のソフトウェアを利用できる
  • Abaqusの他に、Isight、Tosca、fe-safeも共有のライセンスで利用できます。
    ※利用するソフトウェアによっては追加ライセンスが必要です。
ライセンスは年次レンタル契約

アカデミック版では「買取り」ライセンスの取扱いがございません。年次レンタル契約のみの販売です。

テクニカルサポートなし

アカデミックのサポートは、インストールサポートとソフトウェアのバージョンアップが対象です。操作方法などの具体的なテクニカルサポートは、ライセンス附属の豊富なドキュメンテーションおよびユーザー向けの製品情報サイト(ナレッジベース)を活用し、疑問点を自己解決することが可能です。

お手頃なアカデミック価格

教育・研究目的として教育機関向けに「アカデミック価格」でご提供しております。

Abaqusの優れた機能

数ある汎用FEM解析ソフトウェアの中でも、Abaqusは、下記機能が優れています。

接触 適用性、精度の高い接触モデリング手法
収束 非線形問題に対する強力な解析手法
要素 多くの問題に対応するための豊富なライブラリを提供
伝熱 定常と非定常の伝熱、熱と応力の完全連成に対応
ゴム 超弾性、粘弾性を含め豊富な材料モデルを提供
連成解析 (CEL):流体との連成を含め極端な変形の解析に有効
複合材料 損傷、破壊を含め総合的な解析手法を提供
XFEM 要素分割に独立な亀裂の発生と進展をモデル化可能
粒子法 (SPH) メッシュレス法の 1 つに分類される数値解法
離散要素法 (DEM)多数の離散粒子が相互に接触する現象をモデル化するための手法

Abaqusのライセンス構成

コンピュータ上でシミュレーションするために、Abaqusでは以下の3つのライセンスで構成されています。

①解析ソルバ(Execute Tokens)

Abaqusのソルバには、「Abaqus/Standard(陰解法ベース)」と、「Abaqus/Explicit(陽解法ベース)」の2つのソルバがあります。Abaqusはこの2つのソルバを使い分けることができる点が強みです。 製品名の末尾に、「Execute Token 」と表記されますが、ライセンスは 「 Token 」や、「トークン 」で数えられています。

Abaqus/Standard 陰解法ソルバ

陰解法をベースとした有限要素プログラム

誕生:1978年
静的現象、構造の動的現象に対応
線形・非線形挙動
正確な応力解がきわめて重要な静的あるいは低速の動的事象に最適です。
単一のシミュレーションで、時間領域と周波数領域の両方の解析が可能です。

タイヤの騒音
車体の沈下
Abaqus/Explicit 陽解法ソルバ

陽解法をベースとした有限要素プログラム

誕生:1992年
高速な時刻歴動的現象に対応
極めて非線形の強い準静的現象にも対応
家電製品の落下試験、自動車の耐衝突安全性、弾道衝撃など、特に短時間の過渡的な現象のシミュレーションに適した陽解法による有限要素解析製品です。

ブローモデリング
ドラム式洗濯機
②プリ・ポスト処理用ライセンス

Abaqusには、数値計算モデルをつくるための作業(プリ処理)と、計算結果を表示するための作業(ポスト処理)のための、Abaqus専用のプリ・ポストのソフトウェア「Abaqus/CAE」があります。Abaqusソルバとも親和性が高く、一連の解析作業を違和感なく進めることができます。また、操作性は多くのCADシステムと共通で、パート及びパートインスタンスのアセンブリの概念に基づいており、解析ツールに不慣れな方でも即座に直感で理解できるような操作性で、グラフィカルな結果表示が可能です。製品名では末尾に、「 Interactive Seats 」と表記されますが、弊社からのご案内では「 1CAE 」や、「 1GUI 」の単位でご案内いたします。

Abaqus/CAE プリ・ポスト処理 Interactive Seats
Complete Abaqus Environment

Abaqus解析専用のプリ/ポストツール

誕生:1999年

Abaqus/CAEの機能
【プリ処理として】

パートジオメトリ、アセンブリの作成
材料特性定義、相互作用、境界条件、荷重設定
メッシュ作成
(フリー、スイ―プ、構造メッシュ、仮想トポロジー)
解析ジョブの作成、投入、管理、モニタリング

【ポスト処理として】

グラフィカルな結果表示として、コンタ-図、XYプロットグラフ、アニメーション、断面での表示が可能。
画面上のボタンクリックの操作性や、グラフィカルな結果表示が可能

③CADトランスレータインターフェース(Associative Interfaces)

Associative Interfacesを使用することで、CADシステムからAbaqus / CAEへのジオメトリ転送が可能になります。マウスを1回クリックするだけで、選択したコンポーネントまたはアセンブリ全体をCADシステムからAbaqus / CAEへ送信できます。
CADシステムでモデルを修正し、対応の関連インポートを使用して、モデルに割り当てられた解析機能を失うことなくAbaqus / CAEでモデルをすばやく更新できます。