Isightアイサイトプロセスの自動化・最適化ソフトウェア

Isightは、自動化とパラメトリック最適化のソフトウェアです。既存のシミュレーションソフトウェアやデータをワークフローとして定義し、体系的に実行することで、より大きな結果を得られます。

プロセスを自動的に実行する

自動化

入力の生成/修正、解析実行、出力の評価を自動化する

  • 繰り返し作業からの解放
  • 人為ミスの撲滅
最適化

設計領域を手法を利用して最適化を行い系統的に探索する

  • 多くのより良い選択肢を生成する(多数の設計案の検討)
  • 様々な手法・基準による体系的な評価

Isightのキーワード

Simflow

シミュレーション+ワークフロー=「シムフロー」を指します。

コンポーネント

シミュレーションワークフロー構築のビルディング・ブロックアプリケーションコンポーネントやプロセスコンポーネントがございます。

手法
  • 実験計画法(DOE) ・・・パラメータスタディ
  • 最適化手法・・・設計目標に近づける
  • 近似手法 ・・・評価時間の短縮
  • モンテカルロシミュレーション・・・ばらつきの評価
  • タグチメソッド ・・・ばらつきの改善
  • Design For Six Sigma法 ・・・ばらつきの改善

Isight 必要ライセンス数

プリポスト処理に必要なライセンス : Interactive Seats(Abaqus GUIと共通)
Design Gateway (モデル作成のためのGUI)  1GUI(Interactive Seats×数量1)
Runtime Gateway (実行、進捗モニタリング、ポスト処理のためのGUI)  1GUI(Interactive Seats×数量1)
実行に必要なライセンス:Tokens(トークン)で管理
Isightのワークフローで使用される手法と一部トークンを使用するコンポーネントの数によってトークン数が決まります。
※アカデミック利用の場合は、最低2トークン、推奨は3トークン としておりますが、まずはご相談下さい。
推奨
3Token(Execute Tokens × 数量3)

AbaqusとIsightを組み合わせた場合のライセンス利用例

IsightとAbaqusを組み合わせて利用する(IsightからAbaqusの解析を実行する)場合は、AbaqusとIsightのライセンスの総和が必要です。
※アカデミック利用の場合は、最低2トークン、推奨は3トークン としておりますが、まずはご相談下さい。

構成 最少構成 推奨構成
Abaqus 5Token+1GUI 5Token+1GUI
Isight 2Token+1GUI 3Token+1GUI
合計 7Token+2GUI 8Token+2GUI