Isight & SIMULIA Execution Engineプロセス自動化と設計探索

Isight & SEEとは

設計者やエンジニアは製品の設計やシミュレーションに様々なソフトウェアツールを使用しています。
解析アプリケーションから得られるパラメータや結果を他のアプリケーションで利用する際、手作業によるデータの受け渡しが必要となり、生産性の低下や人的ミスを引き起こす場合があります。

IsightとSIMULIA Execution Engine(以前のFiper)は、複数領域にわたるモデル、アプリケーションをシミュレー ションプロセスフローに取り込み、分散環境での自動実行、設計空間の探索、制約条件を満たす最適解の探索を行います。

Isight & SEEを活用することで次のことが可能になります。
"設計期間の短縮"
  • 繰り返し作業からの開放
  • 人為ミスの撲滅
  • 複数マシンでのプログラムの並列実行
"設計品質の向上"
  • 目標に近づける設計
  • 材料特性、荷重、公差の変動を考慮した設計
"設計理解の向上"
  • 解析フローの標準化、見える化、共有
  • 設計変数の寄与度の把握
  • 複数の目的の間のトレードオフの把握

Isightの構成

GUI
Design Gateway
モデル作成のためのGUI
Runtime Gateway
実行、進捗モニタリング、ポスト処理のためのGUI
コンポーネント
Applicationコンポーネントプログラムを実行するためのコンポーネント
Processコンポーネント解析フローを繰り返し実行するためのコンポーネント
SIMULIA Excution Engine (SEE) の構成例

Isight & SEEの特徴

直感的なGUIと豊富なコンポーネント群

直感的なGUIと豊富なコンポーネント群で構成されており、既存のシミュレーションソフトウェアやデータをワークフローを定義し、それらを体系的に実行する事で、より大きな結果を得ることが可能。

強力なプロセスコンポーネントと設計解の探索
強力な分析機能
履歴表示
グラフとCAEのポスト連携
RSM
(Response Surface Model)
寄与度グラフ
散布図
RBF
(Radial Basis Function)