自動化・最適化コンサルティングサービス

設計現場でこのような課題を抱えていませんか?

  • 開発製品数の増加で現場の負荷が大きい
  • 品質の高いものづくりを要求される
  • 短納期の実現
  • 慢性的な人材不足
  • 「なぜ」そのような設計(形状、寸法)か説明できない
  • 属人的なプロセスを見直したい
  • 設計プロセスを効率化したい
自動化・最適化コンサルティングサービスでは
設計現場の課題解決をお手伝いいたします。

自動化・最適化コンサルティングサービスの流れ

①PT DBS(設計プロセスの見える化)

現状プロセスを見える化し、属人化されたプロセスのバラつきを確認します。その後、適切なプロセスはどうあるべきかを検討し、標準プロセスを策定します。
標準プロセスを分析し、自動化することによる効果の判定を行い、自動化して行くべき部分を決定していきます。
引き続き、製品ノウハウ・ロジックを見える化し、設計パラメータの同定や最適化の可能性を確認して、パラメータスタディやパラメータ最適化して行くべき部分を決定していきます。
それ以外にもPT DBSで得られる効果は多数あります。

PT DBSについて詳しくはこちら

 

②自動化

真の最適化には、設計プロセスの自動化が必須です。標準プロセスに対して自動化ツールを活用する事で、省人化しながらも、従来より圧倒的な数の設計検討が可能となり高品質な製品設計や属人的なプロセスの脱却も見込めます。
自動化と簡単に言っても複雑で様々な組み合わせで確立されているプロセスをつなげるので非常に専門的なノウハウが必要になります。また弊社では自動化ツールとして『Isight』を採用しております。

Isightついて詳しくはこちら

③最適化

パラメータスタディでは自動化されたプロセスの中で、どの寸法や形状、材料などを設計パラメータとして設定すればよいか、またパラメータスタディ実行後の分析・評価、そして最適化手法の選定から構築、探索までしっかりとサポートいたします。

パラスタ・最適化ついて詳しくはこちら