PT DBS(設計プロセスコンサル)

設計現場でこのような課題を抱えていませんか?

  • なぜその値、その形状なのか設計者が答えられない
  • どこかにあるが、人・ファイルサーバー・システム・紙ファイルに点在していて、探し出すのに時間がかかる
  • ノウハウがたまらない、技術伝承したいがどうやっていいか分からない
  • クレームを抑制したい
  • 仕様書はあるが、どのように担保(検証)するかについては現場任せになってしまっている
  • RFLP設計を実現したいが、現場でうまく使えるツールがない
  • 多い仕様変更の影響を簡単に見積もることができず予想以上の開発工数がかかっている

PT DBS とは

PT DBSとは「 Progress Technologies Design Basis System」

PT DBSは様々な会社様における設計改革、設計効率化、設計品質向上のコンサルティング現場経験の中から生まれたプログレス・テクノロジーズ独自のメソドロジー・ツールです。設計根拠にポイントを置いたソリューションです。

PT DBS を通じて弊社ができること

真に設計開発の品質を向上させ、効率化を実現するためには、設計開発の現場で、「ユーザーが何を求めているか」、「それをどのような根拠をもとに具現化しているのか」、「誰が何時どのような方法で担保しているのか」明確化して、管理・運用定着されていなければなりません。

言葉で書くのは簡単ですが、これらは様々なシステム・ツール・技術文書・マニュアル・紙ファイル・個人の頭の中などに分離されて複雑化・肥大化しており、手を付けたくてもつけられない状態になっています。
弊社は長年のコンサルティング経験をもとに、これらを解決するためのPT DBSソリューションを提供しております。

PT DBS を使った設計品質向上、効率化に向けての新しい取組み

製品設計・開発期間を短くし、製品品質を向上するためには、お客さんの要求をいかに早く・抜け漏れなく担保していくか、つまり「設計根拠をいかに早く、抜け漏れなく構築していくか」がカギとなります。PT DBSは、設計根拠を作る行為(タスク)にまで踏み込んで全体を整理・再構築していく手法です。

"単なるツール導入だけで根本解決は難しい"

設計品質向上・効率化のためには開発のV 字サイクル(設計根拠を積み上げるサイクル)を抜け漏れなく速く回さなければなりません。設計根拠を積み上げるサイクルが必要であるのに設計根拠が何かが分からなくては、サイクルを回しようもありませんし、高価なツールも真の効果を発揮できません。

PT DBS は他のメソドロジーと異なりノウハウにまで踏み込みます

設計根拠は設計品質を担保するベースであり、誰が何時どのような方法で担保すべきか、なぜ担保すべきなのかを含めて重要なノウハウです。PT DBSでは他のメソドロジーでは対象としない(もしくは対象としたくても表出・ハンドリングが困難な)ノウハウ・ナレッジにもフォーカスをあてて整理していきます。

PT DBSのメソドロジーは他の手法と大きく異なり、網羅性とシステム転用性が高い

PT DBS のフレームワーク「設計開発現場でコンサルティングしてきたノウハウの集大成」

トータルシステムとして設計品質向上・効率化を実現するため、PT DBSでは大枠以下のような分類で現状分析、課題特定、改革・改良をおこないます。